Webライターがきついと言われる理由は?仕事がつらいときの対処法3選

「Webライターってきついのかな?始めたいけど一歩が踏み出せない」

「Webライターの仕事がつらいけど辞めたくはない…」

そんな悩みにお答えします。

きついと言われることの多いWebライターですが、スケジュール管理さえきちんとすれば、時間も収入も好きに調整できるのでおすすめです。

いまWebライターをやっていて辛い人は、対処法を実践することで、現状を打破していきましょう。

本記事では、Webライターがきついと言われる理由や辛いときの対処法、それでもWebライターがおすすめな理由を解説します。

Webライターがきついと言われる5つの理由

Webライターがきついと言われる理由

なぜWebライターはきついと言われているのか。

理由は下記の5つです。

Webライターがきついと言われる理由

  1. 記事を書くのに時間がかかる
  2. 低単価案件で消耗する
  3. 案件を受けすぎて納期に追われる
  4. スケジュールを自己管理する必要がある
  5. 低スキルWebライターが多く競争率が高い

この章の後の内容で、つらいときの対処法や稼ぐコツを紹介していきます。

まずは「Webライターがきついと言われる背景にはこんなことがあるんだな」と知ってもらえればと!

ではさっそく、1つずつ見ていきましょう。

理由1:記事を書くのに時間がかかる

初心者Webライター

3,000文字の記事を書くのに1日かかっちゃった、、。

文章を書くのに慣れてないと、3,000文字でも結構きついですよね。

僕も最初は3,000文字書くのにトータル8時間くらいかけてました、、。

文字単価1.0円として時給換算しても1時間375円、超ブラック労働です。笑

ぶっちゃけ慣れるまでは仕方ないと思います。

Webライターなら全員が通る道です。才能がないわけではないので安心してください。

理由2:低単価案件で消耗する

初心者Webライター

文字単価0.3円だから頑張って5,000字書いても1,500円かぁ、、。

いきなり高単価案件をとるのは至難の技です。

専門的な知識や実績がある人でない限り、初心者の文字単価は0.1〜1.0円になるでしょう。

僕も応募してみたら「初心者でも仕事あげるから低単価だけどよろしくね」って感じの案件だったことがあります。

理由3:案件を受けすぎて納期に追われる

初心者Webライター

頑張らなきゃっていっぱい案件応募したけど、思ったより大変で常に納期に追われててつらい、、。

好きなときに働けるといっても、納期を守る必要があります。

頑張ろうと意気込むのは良いことです。ただ、寝る間も惜しんで働いて身体を壊してしまっては元も子もありません。

まずは少しずつ案件をもって自分のキャパを理解するのが大切ですよ。

理由4:スケジュールを自己管理する必要がある

初心者Webライター

今日中に1記事を書くって決めてたけど、やる気が出なくてサボりたくなる、、。

自己管理ってめっちゃ大変ですよね。

僕も「今週はブログ3記事投稿しよう」って決めたのに遊びたいとか休みたいとかで、予定通りに進まないことが多々あります。笑

会社員と違って、平日10〜19時まで働く義務があるわけではありません。

プライベートを削ってWebライターの時間を捻出する必要があるんです。

自由度が高い分、時間をコントロールする力がないと、返って自分の首を締めることになってしまいます。

理由5:低スキルWebライターが多く競争率が高い

初心者Webライター

文字単価1.0円の案件に応募したいけど、募集2人なのに応募が100人もいる、、。

Webライターは参入ハードルの低さか、人口ピラミッドにおける最下層(初心者)の割合が特に多いです。

実績やスキルをあまり必要としていない低単価案件には、応募が殺到しやすい傾向にあります。採用されるのは簡単ではありません。

案件獲得には、スキル以前にプロフィールの充実や丁寧な提案、テンポの良いコミュニケーションが必須です。

Webライターの仕事がつらい時の対処法3つ

Webライターの仕事がつらい時の対処法

Webライターの仕事がつらい時におすすめの対処法を3つ紹介します。

Webライターの仕事がつらい時の対処法

  1. 闇雲に仕事を受けない
  2. 時間管理をちゃんとする
  3. Webライター仲間をつくる

1つずつ見ていきましょう。

対処法1:闇雲に仕事を受けない

徹夜して記事をいっぱい書いたとしても、質が低ければクライアントからの評価は上がりませんし、次にもつながりません。

Webライターの仕事がつらいと感じたときは、まず仕事量を減らしましょう。断る勇気も大切です。

心と時間の余裕をつくることが大切なのは、あえて説明する必要はないですよね。

対処法2:時間管理をちゃんとする

副業やフリーランスのWebライターは、常駐案件とかでなければ、基本的にいつどこで働こうと自由です。

だからこそ自分で時間管理をする必要があります。誰もあなたを管理してくれませんからね。

継続するコツは習慣化することです。

習慣化の例

  • 1週間に2記事、1ヶ月で8記事納品する
  • 月・水・金は1日2時間、土・日は1日3時間、火・木は休む
  • 月・水・土はリサーチと構成作り、金・日に本文を執筆

最初は少しずつでいいので、とにかく習慣化することを意識しましょう。

習慣になってきたら、稼ぎたい金額にあわせて調節していくのがおすすめです。

対処法3:Webライター仲間をつくる

Webライターの仕事で1番つらいのは孤独であることじゃないでしょうか。

会社であれば悩みを相談したり、励ましあったりできますが、個人で働くとなると難しいですよね。

そこで大事なのが、Webライター仲間をつくること。

SNSやオンラインサロンなどで不安やモチベーションを共有できる仲間がいるだけで、気持ちが楽になりますよ!

きついと言われるWebライターをおすすめできる5つの理由

Webライターをおすすめできる理由

Webライターの仕事をしていて、きつい・つらいと感じる人は少なくありません。

それでも、自信をもってWebライターをおすすめできます。理由は5つです。

きついと言われるWebライターをおすすめできる理由

  1. 未経験でもチャレンジしやすい
  2. 好きなときに好きな場所で働ける
  3. ライフワークバランスを保ちやすい
  4. 需要が高く将来性がある
  5. 独立の道も開ける

1つずつ見ていきましょう。

理由1:未経験でもチャレンジしやすい

医者になりたかったら医師免許が必要ですし、教員になりたかったら教員免許が必要です。

でもWebライターには免許も資格も必要なし。年齢制限もないので何歳からでも始められます。

稼げるWebライターになるにはスキルが求められますが、挑戦ハードルが低いのは大きなメリットでしょう。

理由2:好きなときに好きな場所で働ける

好きなときに好きな場所で働けるってすごい魅力的ですよね。

納期を守ればいつ働こうと自由です。パソコンとネット環境さえあればどこでも働けます。

通勤要らずで在宅はもちろん、旅行先でだってWebライターの仕事はできるんです。

理由3:ライフワークバランスを保ちやすい

きついと言われる理由で紹介した内容と矛盾するようですが、Webライターはライフワークバランスを保ちやすいです。

スケジュールをきちっと自己管理さえすれば、プライベートとのバランスの調整も可能!

Webライター

来月は遊びの予定が多いから、今月はいっぱい働いて来月は控えめにしよう。

なんてこともできますよ!

理由4:需要が高く将来性がある

Webライターの仕事は、文章を書くこと。

文章コンテンツがなくならない限り、Webライターの需要がなくなることないでしょう。

AIの台頭で仕事が消えるんじゃないかと不安視する声もありますが、僕は問題ないと考えています。

なぜならWebライターに求められるスキルは、重要なものが多いから。

Webライターに求められるスキル

  • 伝わりやすい文章を書くライティングスキル
  • SEOを意識したライティングスキル
  • ユーザーの購買行動を促すライティングスキル
  • 情報収集スキル
  • コミュニケーションスキル など

ぶっちゃけ挙げだしたらキリがありません。

Webライターの将来性については、こちらの記事で詳しく解説しています。

理由5:独立の道も開ける

スキルを身につけ、稼げるようになったら専業にして独立することも可能です。

独立するメリット

  • 欲しい収入に応じて仕事量を調整できる
  • 会社員と違って収入が青天井になる
  • 嫌な上司と毎日顔を合わせる必要がない
  • 付き合う人を選べる など

もちろん独立がすべてではありませんが、個人で稼ぐ力が身につくメリットは大きいですよ。

明日会社が倒産したとしても、仕事に困ることはないと思います。

選択肢が増えるに越したことはないでしょう。

また、独立せずとも本業Webライターとして就職してキャリアアップを目指すのもアリです。

未経験や実務経験が少ない人でも転職は可能ですよ。詳しくはこちらの記事で解説しています。

Webライターがきついと感じたときの対処法|まとめ

Webライターがきつい まとめ

きつい・つらいと言われるWebライターですが、スキルさえあれば安定的に稼げる。

努力は必要ですが、その先に見える未来は明るいです。

ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

最短でスキルを獲得したいなら、『Writing Hacks』で勉強するのもおすすめ。

稼ぐWebライターに必要な知識やスキルを体系的に学べますよ。

Writing Hacksの強み

  • 講師は実力派Webライター
  • 約80本の動画教材
  • 合計3回の添削サービス
  • LINEで無制限の質問サポート
  • 卒業生限定グループで仕事の共有

Writing Hacksの公式サイトはこちら