【体験談】Webライターへの未経験転職!採用されるコツを経験者が解説

Webライターに転職したい人

未経験からでもWebライターに転職できる?副業との違いって?

こんな悩みにお答えします。

以下の通り、僕も実際に未経験からWebライターに転職できたのでご安心ください。

僕の経歴

  • 元転職エージェント
  • 現役の正社員Webライター
  • 未経験でも面接落ち『0』で転職成功

とはいえ、未経験での転職活動ってどうしても不安になりますよね。

そこで本記事では、転職エージェントの視点&実体験をもとに、未経験からWebライターに転職する方法を解説していきます。

 

キャリアに迷っている人

転職するかは置いといて、キャリアプランを見つめ直す機会が欲しいな。

そんな人には、転職エージェントではなく、キャリアについて無料でプロに相談できるポジウィルを利用してみるのもおすすめです。

未経験でもWebライターに転職できるのか【結論:可能です】

未経験でもWebライターに転職できるのか

そもそも、本当に未経験でもWebライターに転職できるのか、気にしている人も多いと思います。

冒頭でもお伝えした通り、未経験からWebライターへの転職は可能です。

未経験でもWebライターに転職できる理由

  1. Web広告の需要は今後も伸びていくから
  2. 文章コンテンツが無くなることはないから
  3. スキルの高いWebライターはまだ少ないから

コンテンツマーケティングやWebメディア運営を事業としている企業にとって、Webライターは必要不可欠な存在です。

業務委託でまかなっているケースも多いですが、副業Webライターのスキルが高いとは限りません。

むしろ、スキルの高いWebライターはまだまだ少ないのが現状です。

Webライティング業務を外注しても、結局あとで手直しが必要になり、かえって効率が悪くなることが多々あります。

企業としては、未経験Webライターを採用して育成する方が長期的に見るとメリットが多いのです!

とはいえ、簡単ではありません。

在宅ワークもできるWebライターは人気の職業なこともあり、募集に対して応募の数が多いのです。

浅い志望動機を書いていたら、いつまで経っても採用されません。未経験で採用されるためには「他の応募者との差別化」が大切です!

これから各章で、未経験からWebライターへの転職を成功させるために大事なことを解説していきますね。

正社員Webライターと副業Webライターの働き方【違いを理解しましょう】

正社員Webライターと副業Webライターの働き方

まずは、正社員・副業Webライターの働き方の違いを理解しておきましょう。

同じWebライターでも会社員と副業では働き方に差がでることが多いです。そして未経験の人が想像するWebライターは、副業の働き方に近いと思います。

それを知らずに就活すると、

  • 思っていた働き方と全然違う…
  • 転職してもやりたいことができない…
  • そもそも面接に受からない…

という事態に陥りやすいです。

逆に違いを理解していれば、ミスマッチを防げるだけでなく、会社が求めているのはどんな人材かを理解し、魅力的な志望動機を作ることができます。

もちろん契約内容やスキルによって例外はあるので、あくまで一般的なケースとして紹介しますね。

副業Webライターの働き方

未経験から副業Webライターを始めるには、クラウドソーシングサービスに登録するのが一般的です。

クラウドソーシングとは
企業や個人がインターネット上で不特定多数の人に対して、業務の受発注を行えるサービスのこと。

クラウドソーシングサービスで案件を探して応募、受注できたらお仕事スタートになります。

副業Webライターの場合

  • クラウドソーシングで案件を探して応募
  • クライアントからの指示通りに記事を作成
  • 記事を納品するところまでで完結

仕事内容は、クライアントの指示に従って記事を書くこと。

ターゲットは誰で、どんなキーワード・構成で作るか、マニュアル通りに記事を作成していきます。

大ざっぱな言い方をすると「ひたすら記事を書く仕事」です。

百聞は一見にしかず。クラウドソーシングの登録は無料なので、いくつか登録して実際に案件を見てみると良いでしょう。

正社員Webライターの働き方

対して、正社員Webライターの業務内容は、多岐に渡ります。

ここでは、自社メディアを運営する企業での会社員Webライターを想定して紹介しますね。

正社員Webライターの場合

  • 自社メディアの記事を作成
  • キーワード選定や構成作りも担当
  • 記事の分析やメディア運営全般の業務

副業Webライターとの大きな違いは「書いて終わりの仕事ではない」です。

サイト設計にも携わるので、SEO施策全般やディレクションなど、総合的なスキルを身につけられます。

このように正社員Webライターは、副業と比べて業務範囲が広いケースが大半です。

なぜ転職して正社員Webライターになりたいのか、業務内容をイメージして伝えられるようにしましょう。

業務内容の違いを知ることが、魅力的な志望動機作りに繋がるのですから。

Webライターに転職したい人が絶対に登録しておくべき転職エージェント2選

絶対に登録しておくべき転職エージェント

未経験からWebライターに転職したいなら、以下の転職エージェントは登録しておくべきです。

登録必須の転職エージェント

転職を成功させたいなら、1つの転職エージェントのみ利用するのは危険です。

情報が偏るだけでなく、可能性を最初から捨てているようなもの。

なので、複数の転職エージェントへの登録は必須です。志望動機の書き方もフォローしてくれます。

転職活動開始から1ヶ月以内に2〜3社と面談し、相性が良いエージェントを継続するのが良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

Photo by:リクルートエージェント公式サイト

Webライター求人数:★★★★★

おすすめ度:★★★★☆

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

なんといっても求人数の多さが魅力で、10万件以上の非公開求人があり、未経験可のWebライター求人も多数あります。

リクルートエージェントの強み

  • 転職支援実績No.1
  • 実績豊富な専門コンサルタント
  • 10万件以上の厳選された非公開求人
  • 志望企業への推薦あり

マスメディアン

マスメディアン

Photo by:マスメディアン公式サイト

Webライター求人数:★★★★☆

おすすめ度:★★★★★

公式サイト:https://www.massmedian.co.jp/

マスメディアンのおすすめポイント

マスメディアンはクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌の発行で有名な「宣伝会議」のグループ会社です。

広告・Web・マスコミ職種に特化した転職エージェントで、同分野No.1クラスを誇ります。

マスメディアンの強み

  • 専門分野で圧倒的な求人数
  • 6万人を超える転職支援実績
  • 宣伝会議グループの人的ネットワーク
  • 条件面の調整や交渉サポートあり

Webライターへの未経験転職の成功率を上げる方法3つ

Webライターへの未経験転職 成功率を上げる方法

転職エージェントは紹介した2社を利用すれば大丈夫でしょう。

ここでは、未経験がWebライター採用される成功率を上げる方法を3つ紹介します。

内定率を上げる方法

  1. クラウドソーシングで案件を受ける
  2. WordPressブログを運営する
  3. Webライター養成講座を受ける

ぶっちゃけ必須とは言えません。

しかし、より転職の成功率を上げるには、いわゆる「本気度」をどれだけ伝えられるかは非常に重要です。

僕の場合はWordPressブログ運営をしながら、Webライターの養成講座を受けていました。

その結果、転職の本気度や経験を伝えることで、面接落ち『0』で行きたい会社に転職成功できたんです。

経験は浅くても問題なし。大切なのは自分で挑戦することですから。

『0』と『1』では天と地ほども差が出ます。できる範囲でチャレンジしてみてください。

クラウドソーシングで案件を受ける

企業としては全くの未経験より、少しでも経験があって業務イメージのある人の方が採用したくなります。

あまり時間がない人は、試しにクラウドソーシングでライティング案件を受注してみましょう。

WordPressブログを運営する

WordPressでブログを運営するメリットは馬鹿になりません。

WordPressでブログ運営するメリット

  1. WordPressの操作スキルが身につく
  2. ブログがポートフォリオになる

Webメディアの半分近くはWordPressで構築されているので、操作スキルは案外重宝されるんです。

僕の会社で運営しているサイトでも、WordPressを使っています。

ポートフォリオになりますし、上位表示されればSEOスキルの実績としてアピールしやすくなります。

Webライター養成講座を受ける

「多少の自己投資は惜しまないから、転職前に勉強してスキルを身につけたい」そんな人には『Writing Hacks』がおすすめ。

スキルを身につけるには、実績のあるWebライターから学ぶのが1番ですから。

メイン講師は、学生時代にブログで月収100万円を達成した、現役Webライターの沖ケイタさん。

30人以上を活躍するWebライターに育成したノウハウを詰め込んだ内容となっています。

僕個人的には、これが転職成功に最も効果的な自己投資でした。

安くはありませんが、遠回りせずに必要なスキルを身につけることができます。

Writing Hacksの強み

  • 講師は実力派Webライター
  • 約80本の動画教材
  • 合計3回の添削サービス
  • LINEで無制限の質問サポート
  • 卒業生限定グループで仕事の共有

Writing Hacksの公式サイトはこちら

【未経験可】Webライターへの転職|まとめ

Webライターへの転職 まとめ

未経験からのWebライターへの転職は不可能ではありません。

とはいえ、楽ではないのも事実です。

Web転職に強い転職エージェントを複数利用して、少しでも失敗リスクを減らしましょう。

登録必須の転職エージェント