ABABAの評判・口コミは?頑張りにオファーが届く就活サービスを徹底解説

納得するかたちで就活を終えるためには、いち早く情報をキャッチしたり、便利な就活サービスを活用していくことが必須と言っても過言ではありません。

本記事ではこれからの就活に欠かせない画期的なサービス、「ABABA」について紹介します。

ABABAは本当に自信を持っておすすめしたい就活サービスの1つです。

 ABABAとは?どんな就活サービス?

 ABABAとは?どんな就活サービス?

ABABAとは、株式会社ABABAが運営する就活サービス。

『お祈りメールを推薦に』をミッションとして採用できなかった学生を企業間で推薦しあうプラットフォームです。

なんと、経済産業大臣賞を受賞するほどのサービスです。

ABABAのポイントを簡単にまとめると以下の通り。

ABABAのおすすめポイント

  • お祈りメールがオファーに変わる
  • 150社以上の人気企業が登録している
  • オファーがLINEで届くから管理しやすい

登録企業数:★★★☆☆

おすすめ度:★★★★★

公式サイト:https://abababa.jp/

ABABAは僕が自信を持っておすすめできる就活サービスです!備えあれば憂いなし。早いうちに登録しておきましょう!

おはぎ先生

就活サービスABABAの成り立ち

まず、就活サービス「ABABA」の成り立ちを紹介させてください。

ABABAが解決する課題は、株式会社ABABAの共同代表である中井達也さんのご友人(以下、Aさん)の経験が元となっているとのこと。


Aさんには就職活動を始めた当初から、心に決めた企業(以下、B社)がありました。

B社に一生を捧げると意気込んで挑んだ6月の最終面接。

残念ながら彼に届いたのはお祈りメールでした。

一生を捧げるとまで決意を固めていた企業からの不採用通知。

心のダメージは相当なものだったでしょう。

その後のAさんは飲みの席でB社への暴言を吐き、B社の商品は2度と買わないと言っていたとのこと。

不採用がショックだったとはいえ、一生を捧げるとまで考えていたB社を急転直下。嫌いになってしまった。

ここに、見直すべき就活の課題があると中井さんは気づいたそうです。

それは、「面接に落ちてしまうとそれっきり」ということ。

ようやく手にした最終面接の切符も、落ちてしまったらお祈りメールに変わるのみ。

言うなれば現状の就活は、ボスに一度でも負けたら最初から。セーブのできないRPGのようなもの。

悲しいじゃないですか。

辛いじゃないですか。

そこで、就活という名の非効率なRPGにセーブポイントを作るべく、生まれたのが「ABABA」です。

そう。

ABABAが目指すのは、たとえ面接に落ちてしまったとしてもそこまでの頑張りを評価してもらえるような世界を作ること。


就活生の立場から見た、現状の就活の課題。

それが「ABABA」の原点です。

ABABAの評判・口コミは?

ABABAの評判・口コミ

ABABAの評判・口コミを抜粋してみました。

(ネットで検索したものを、意を変えないように要約しています)

就活生

ガクチカの添削をしっかりとしてもらったことがなかったので助かりました!改善点がわかりやすく、ものすごく丁寧に見て下さりました!

就活生

的確かつ丁寧なES添削ありがとうございました!!今後もっと利用する学生が増えそう!

就活生

添削ありがとうございました!素早い対応も助かりました!いただいた修正点やアドバイスをもとに改善します!

就活生

めちゃくちゃ丁寧に添削してくれました!!!ガクチカに鋭い視点から指摘もらえて本当に嬉しい!自信がつきました!!

採用担当

素晴らしく革新的なサービス!もっとたくさんの学生に知ってもらいたいです!!

僕が探した限りでは、ABABAについての悪い評判・口コミは一切見当たりませんでした。

これってすごくないですか?

どんなに良いサービスでも何かしらの悪い評判・口コミはあるものです。

それが見当たらないのはひとえにABABAの運営メンバーが就活生、登録企業に真摯に向き合って対応しているからでしょう。

ABABAのメリット・デメリット

ABABAのメリット・デメリット

次に、ABABAに登録して得られるメリット・デメリットについて、それぞれ紹介していきます。

ABABAのメリット

ABABAのメリットは以下の4つです。

  1. お祈りメールでオファーが届く
  2. 不採用になった企業が推薦してくれる
  3. LINEとの連携で使いやすさ抜群
  4. 登録企業はABABAの理念に共感した優良企業ばかり

それぞれ見ていきましょう。

お祈りメールでオファーが届く

ABABAはあなたがこれまで受けた選考フローを登録、その選考状況を評価した別の企業からオファーが届くシステム。

選考状況をABABAに登録して共有することで内定までの時間を短縮し、就活を効率化することができます。

通常であれば、ただの不採用通知。

それがABABAに登録することで、オファーにつながるチケットへと昇華するのです。

不採用になった企業が推薦してくれる

登録した企業がABABAパートナー企業の可能性もあります。

その場合は採用面接を担当した人事が他のABABAパートナー企業にあなたを推薦してくれるかも!

「不採用通知を送った企業がわざわざ推薦してくれるかな」と思いますよね。

しかし、不採用通知を出した企業にとってもちゃんとメリットがあるんです。

企業が推薦するメリット

  • 落選者のCX向上(学生に寄り添う企業としてのPR、企業ブランディングの向上につながる)
  • 採用費用の減額(自社で推薦した学生が他社で内定を獲得した場合、採用費用が減額される)
  • 人事のストレス軽減(不採用通知を出すことで生まれる悲しみを推薦によって軽減できる)

なので、企業としても推薦したい先のパートナー企業があれば積極的に推薦を送りたいのです。

だからこそ、もしもに備えてABABAに登録しておくことが大事。

ABABAは無料で誰でも登録できる就活の損害保険みたいなものですね。

LINEとの連携で使いやすさ抜群

ABABAはスカウト型就活サービスとしては初となる、LINEとの連携を開始。

LINEにオファーが届くことで今まで以上に手軽に学生が利用できるようになりました。

プラットフォームを経由しないことで、なんと学生と企業の平均オファー承諾率が65%に(業界平均は30%前後)。

企業との繋がりやすさはスカウト型就活サービスとして大事なポイントですから、これはABABAの大きな魅力ですね。

登録企業はABABAの理念に共感した優良企業ばかり

スタートアップであるABABAの参加企業は、まだ多いとは言えません。

ですが、パートナー企業はABABAの理念に共感した優良企業ばかり。

スカウト型就活サービスにたまに見られるような、テンプレでの大量オファーもありません。

お祈りメールをオファーに変えるという、就活の課題解決を目指して生まれたサービス。

その考えに賛同した優良企業とつながることができるのが、ABABAです。

ABABAのデメリット

対して、ABABAのデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

  1. 他の就活サービスに比べると登録企業が少ない
  2. リリースしたばかりでまだ実績が少ない

デメリットと言うよりかは、他の就活サービスに比べまだ未熟な点が多いという印象です。

ABABA自体リリースしてあまり経っていないのでこればかりは仕方ないと思います。

とにかく、それぞれ見ていきましょう。

他の就活サービスに比べると登録企業が少ない

ABABAのパートナー企業は2021年6月時点で約150社。

就活サービスの登録企業数としては、どうしても見劣りしてしまいます。

とはいえ、リリースして半年あまりで、この登録数です。

日々増えるパートナー企業。より世間に認知されればさらに登録企業数の増加は加速するでしょう。

リリースしたばかりでまだ実績が少ない

ABABAはあなたがこれまでに受けた選考フローを登録し、その選考状況を評価した別の企業からオファーが届くサービス。

真価が発揮されるのは就活中盤〜終盤期でしょう。

サービスとしての実績は、まだまだ多くはありません。

しかし、経済産業大臣賞を受賞、Abema TVで特集を組まれるなど世間からの注目は大きいです。

サービスが拡大していくことはほぼ確実視されています。

ABABAで就活をセーブし、納得のいく就活を!|まとめ

就活サービスABABA まとめ

僕はサービスリリース時からABABAに注目していました。

キャリアアドバイザーとして、不採用通知の無機質さに疑問をもちながら何もできない不甲斐なさ。

ABABAのサービス内容を知ったとき、とても素敵なサービスだなと感銘を受けました。

それからひょんな機会にABABAの中井さんとつながり、アンバサダーを務めるに至ったのです。

ABABAはまだスタートしたばかりのサービスですが、今後より登録学生、登録企業が増えていくでしょう。

そしてきっと、あなたの就活におけるセーブポイントとして、就活の役に立ちます。

ぜひあなたもABABAを活用して納得のいく就活を!