Webライティングの練習!たった1日30分で効率的に上達する方法

「Webライティングの練習って何やればいいか分からない」

「時間をかけずにWebライティングが身に付く練習方法が知りたい」

そんな悩みはありませんか?

実は”たった1日30分”で効率的にWebライティングスキルが身につく練習方法があります。

それは「模写」です。

本記事では、Webライティングに必要なスキルや模写での練習方法・実践練習のやり方まで解説します。

Webライティングの練習で身につけるべき5つのスキル

Webライティングに求められる5つのスキル

まずはWebライティングに必要なスキルとは何か、頭に入れておきましょう。

Webライティングに求められるスキル

  1. 基本的な文章力
  2. 論理的な文章構成力
  3. 課題解決力
  4. SEOを意識したライティング
  5. セールスライティング

1つずつ見ていきましょう。

その①:基本的な文章力

まず何よりもWebライティングに必要なのは、基本的な文章力です。あなたが伝えたいことを言語化して、物事を正確に伝える文章を書けないことには始まりません。

とはいえ、難しい文章を書く必要は0です。

Webライティングで重要なのは、分かりやすい・伝わる文章を書くこと。

「中学生が読んでも理解できる文章」を目指しましょう。

その②:論理的な文章構成力

論理的な文章構成力も大事です。

記事全体を通して何が言いたいのか分からない文章になってしまっては、読者には伝わりません。

これを防ぐには、記事を通して読者に何を伝えたいかを考え、論理的に文章を構成する必要があります。

定番の文章の型を1つ覚えておきましょう。

定番の型〜PREP法を使った例文〜

  • 結論(Point):モテたいなら見た目や話し方に気を配るべきだ。
  • 理由(Reason):なぜなら、人の印象の9割は見た目と話し方で決まる、メラビアンの法則があるから。
  • 具体例(Example):初対面の人が、不潔で目を合わせず、だるそうにしゃべる人だったら仲良くなりたいと思いませんよね。
  • 結論(Point):だから、モテたいなら見た目や話し方に気を配ろう。

まずはPREP法さえ使えれば大丈夫です。

慣れてきたら、ケースバイケースで応用したり他の型を使ったりしていきましょう。

その③:課題解決力

課題解決力???って思うかもしれませんが、とても重要です。

Web上の記事は、勝手に読まれるわけではありません。

悩みをもったユーザーが、ほしい情報を得るために検索して、記事に辿り着きます。

たとえば、この記事を読んでくれているあなたは「Webライティングの練習方法を知りたい」から興味をもってくれたはず。

この記事を読んで、Webライティングの練習方法が分からなかったら意味がないですよね。

どんな悩みを抱えた人向けに記事を書くかを設定・想定し、読み終わる頃にはその悩みが解消されていなければいけません。

記事を書くときは、必ず想定読者をイメージするようにしましょう。

その④:SEOを意識したライティング

Webライティングには、SEOの理解も必須になります。SEOとは、検索したときに記事を上位表示させるための技術のことです。

何かを検索するとき、2ページ目や3ページ目の記事を読むことって滅多にないですよね。

1位と10位の記事ではクリック率に10倍の差があるといったデータがあるんです。

最近ではSNSを使った集客も注目されています。

しかしながら、中長期的な集客が見込めるSEOがWebライティングにとって重要なことに変わりはありません。

Webライティングをやるなら、SEOも忘れずに取り組みましょう。

その⑤:セールスライティング

応用編ですが、セールスライティングも身につけられるとより良いです。セールスライティングとは文字通り「売るための文章」のこと。

ブログで商品・サービスを紹介したって、売れなければ収益にはなりません。

Webライターが書く記事にしても、元を辿ればクライアントの商品やサービスの認知拡大や販売のための集客経路の1つです。

売れる文章を書けることは、あなたのブログやクライアントの収益アップに直結します。とはいえ、①〜④のスキルがWebライティングの基本です。

まずは基礎固めをしてから、次のステップとして取り組むのがいいかなと思いますよ。

Webライティングの練習は1日30分の模写でOK

1日30分でOK 効果的な模写のやり方

では、本題の1日30分でできるWebライティングの練習「模写」のやり方について解説します。

上手な文章を模写することで、効率的にWebライティングスキルを身につけられますよ。

とはいえ、文章の基礎を知らないままに模写をしても効果は薄いです。

下記の3ステップで模写するのがGood◎

模写するまでの3ステップ

  1. 本を読んで基礎を作る
  2. 書き手の意図を分析する
  3. 模写する

順に見ていきましょう。

ステップ①:本を読んで基礎を作る

まずはWebライティングの基礎知識をインプットしましょう。

体系的に学ぶには、良質な本を読むのが1番です。

Webライティング学習におすすめの本

  1. 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  2. 沈黙のWebライティング

この2冊を読めば基礎知識は申し分ないでしょう。

それぞれ簡単に紹介しますね。

①:20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章について学ぶには『20歳の自分に受けさせたい文章講義』が適しています。

伝わりやすい文章の書き方や、テクニックなど、文章の基礎を学ぶのにもってこいの1冊です。

②:沈黙のWebライティング

『沈黙のWebライティング』ではSEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

漫画形式で読みやすいうえに、コンテンツごとに特別解説があって理解も深まるのでおすすめですよ。

ステップ②:書き手の意図を分析する

Webライティングの基礎知識を身につけたら、いよいよ模写に移っていきます。

と言いたいところですが、ちょっとストップです!

模写はたしかに効率的にWebライティングの練習できる必殺技ですが、ただ書き写すだけでは意味がないです。

先ほども解説した通り、Webライティングに必要なスキルはたくさんあります。

Webライティングに必要なスキルの復習

  1. 基本的な文章力
  2. 論理的な文章構成力
  3. 課題解決力
  4. SEOを意識したライティング
  5. セールスライティング

Webライティングが上手な人の文章には、これらのスキルがふんだんに盛り込まれています。

ただ書き写すのではなく、書き手の意図を分析しながら模写するのが重要です。

書き手の意図を分析する

  • どんな悩みを抱えている人向けの記事か
  • 記事の目的は何なのか(どんな商品・サービスを売りたいのか)
  • 商品・サービスの魅力を伝えるためにどんな構成にしているのか
  • 読者の心を掴むためにどんな型で文章を書いているか
  • 1文1文の役割を分析する など

とにかく「書き手の意図は何か」を意識しながら模写しましょう。

ステップ③:模写する

いよいよ模写に移っていきます。

ただ、Webで見つけた文章を何でもかんでも模写すればいいってわけではありません。

大事なのは、Webライティングスキルが高い人の文章を模写することです。

検索上位の記事すべてが、クオリティーの高い文章ではないので。(本記事の目的から逸れるので詳細は割愛します)

しかし、いきなり上手い文章を見分けるのは難しいと思うので、僕が模写するのにおすすめな文章を紹介しますね。

模写するのにおすすめな文章

  • コンテンツマーケティングに強いバズ部のコラム
  • 有名Webライターの沖ケイタさんのブログ(ハイパーメモメモ)
  • 人気ブロガーのマナブさんのブログ(manablog)

多くのWebライター、ブロガーから厚い信頼を得ている3サイトです。

繰り返しになりますが「書き手の意図は何か」を意識しながら模写するようにしましょう。

1日30分でOKです。

コツコツと積み上げていけば、文章力が向上していきます。

ブログでWebライティングの実践練習

Webライティングの実践練習

Webライティングスキルの更なる向上を目指すなら、ブログで実践練習するのが1番です。

ブログ運営は、Webライティングの練習に役立つ他にもメリットがあります。

ブログ運営するメリット

  • Webライティングの練習になる
  • ブログがポートフォリオになる
  • 広告で副収入を得られる

ブログで書いた記事が検索上位に表示されたり、安定的な収益化ができたりすれば、申し分ない実績としてアピールできますよ。

また、ブログを始めるならWordPressがおすすめです。

WordPressのメリット

  • WordPressの操作スキルが身につく
  • 独自ドメインを使える
  • 自由にカスタマイズできる
  • デザイン性が高い
  • 収益性が高い

ブログは伸びるまでに時間がかかります。

即効性を求めるのではなく、気長にコツコツと運営しましょう。

【1日30分】Webライティングの練習方法|まとめ

Webライティングの練習 まとめ

独学で効率的にWebライティングの練習をしたいなら、1日30分でいいので模写を試してみてください。

Webライティングを始めるのに、特別な知識や資格は必要ありません。

必要なのはセンスではなく「正しい文章の書き方」を理解して、実践していくこと。

Webライターやブログで稼ぎたい人は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

今すぐできるWebライティングのコツが知りたい人はこちらの記事をどうぞ。