Webライターの始め方!稼ぐための学習法やコツを解説

本記事が解決できる悩み

  • Webライターの始め方は?
  • Webライターのメリット・デメリットは?
  • Webライターで稼ぐには?

Webライターは確かに始めやすい副業です。

時間や場所に縛られずに働けるのも魅力的でしょう。副業収入で月に1万、3万、5万と稼げればだいぶ余裕が出てきますよね。

しかし、始めやすいからこそステップアップをしっかり考えないと一定以上は稼げるようになりません。

スキルアップを意識して取り組めば、Webライターとして突き抜けることができます。どうせやるなら稼げるようになった方が良いですよね!

本記事では、Webライターの始め方から安定して稼げるようになるまでの流れを解説しています。

ぜひ参考にしてみてください!

Webライターの始め方!手順を3ステップで解説

まずはWebライターの始め方を3ステップで解説します。

Webライターの始め方

  1. 案件を探す
  2. 応募する
  3. 納品する

Webライターを始めるのは思っているより難しくありません。

1つずつ見ていきましょう。

手順1:案件を探す

まずは、案件を探していきます。最初はクラウドソーシングサービスに登録してどういった案件があるのかを調べて見ましょう。

Webライターを始めるにあたって、クラウドソーシングサービスは以下の3つに登録しておけば大丈夫です。

定番のクラウドソーシング

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

ここでは例として、ランサーズを見ていきます。

ライティング案件の種類

ひとくちにWebライターといっても、仕事の種類は豊富にありますね。単発案件から継続案件・常駐案件と、契約方法もさまざまです。

あなたの興味がある分野・得意な分野から探すのがおすすめですよ。

手順2:応募する

次に実際に案件に応募しましょう。

繰り返しですが、あなたが書きやすい分野を選ぶのが大切です。

例えばあなたがエンジニアなら、プログラミングに関する記事は比較的書きやすいですよね。

案件の詳細

案件をクリックすると依頼内容の詳細や文字数、記事単価、納期などが出てきます。

これなら書けそう!って思ったらとにかく応募してみましょう。まずはWebライターの仕事に慣れるのが大事です。

文字単価1円以上の案件が理想ですが、テストがあるものや実績がないと応募できないものもあります。

はじめは文字単価0.5円以上の案件に応募していくのがおすすめですよ。

手順3:納品する

記事ができたら最後に納品して終わりです。納品期限を破らないように注意しましょう。

作成した記事のクオリティーが高かったり、あなたが意欲的に取り組んでいたりすれば、継続して発注してくれる可能性も。

しかし、納期を守らなかったり不誠実な対応をとったりすると、クライアントからの信頼は一瞬で消えてしまいます。

その後のことも考えて、クライアントとは良好な関係を構築しましょう。

Webライターを始める5つのメリット

副業でWebライターを始めるメリットは多いです。

Webライターを始めるメリット

  1. 参入ハードルが低い
  2. 時間や場所に縛られない
  3. 執筆分野の知識が増える
  4. ライティングスキルが身につく
  5. 自分で稼ぐ力がつく

1つずつ見ていきましょう。

メリット1:参入ハードルが低い

Webライターの仕事はざっくり言ってしまえば、文章を書く仕事です。

始めるのに資格は要りませんし、高単価案件でなければ実績もあまり見られません。

副業としての参入ハードルは低い部類でしょう。年齢も関係ないので10代・20代はもちろん、40代・50代からスタートする人もいます。

メリット2:時間や場所に縛られない

Webライターの仕事を始めるのに必要なのは、パソコンとインターネット環境のみ。

納期さえ守れば、いつ・どこで働こうと自由です。

Webライターの仕事は、時給制よりも1記事=◯◯円といった報酬形態がメインになります。

スキマ時間に少しずつ進めるもよし、休日に集中して取り組むもよし。時間や場所に縛られないって魅力的ですよね。

メリット3:執筆分野の知識が増える

記事を書くと言っても、何も見ずにいきなりか書き進めていくわけではありません。事前リサーチや、他サイトの分析などをしたうえで、記事として書き起こします。

つまるところWebライターの仕事は、インプットとアウトプットの繰り返しなのです。

特定の分野に詳しくなることは、単価アップにもつながります。

メリット4:ライティングスキルが身につく

文章を書くことはSNSやメールなど、日常的に誰でもやっているでしょう。しかし、分かりやすく伝える文章術はなかなか身につきません。

Webライターの仕事をこなしていけば相手に分かりやすく伝える能力が身につきます。

言葉の扱いが上手くなることは、仕事に限らずプライベートの人付き合いにも活きてきますよ。

メリット5:自分で稼ぐ力がつく

会社員だと仕事の調子が良くても悪くても、一定以上の給料がちゃんと貰えますよね。

ただし、副業でWebライターを始めたとしても、仕事を受注して記事を書かないと収入は0です。

会社の信頼やブランドに頼らず、自分の力で稼げるようになると自信につながります。

なかには副業でWebライターを始めて、後にフリーランスになる人も。会社に依存せずに収入を得られるようになるのは真の安定と言えますね。

Webライターを始める2つのデメリット

副業でWebライターを始めるにはデメリットも。

Webライターを始めるデメリット

  1. 稼げるまでに時間がかかる
  2. 大きく稼ぎづらい

それぞれ見ていきましょう。

デメリット1:稼げるまでに時間がかかる

残念ながらWebライターの仕事を始めても、すぐには稼げるようになりません。

Webライターになりたい人

副業で収入がほしいからWebライターを始めたい!来月には月10万円くらい稼げるかな。

無理ではありませんが正直、厳しいと思います。普段から長い文章を書いていない人は、2,000〜5,000字の記事作成などは慣れるまで時間がかかるでしょう。

また、実績がないうちは単価の高い案件は取りにくいです。

10〜20記事くらいまではあまり単価を気にせず、Webライティングに慣れること、実績を作ることを意識して取り組むのが良いと思います。

デメリット2:大きく稼ぎづらい

Webライターの仕事は労働収入なので、記事を書かないと収入にはつながりません。

スキルや知識、内容などによって文字単価は0.1〜10円ほどの幅があります。

未経験から始めるとなると、まずは文字単価0.5〜1.5円くらいを目指すのが一般的でしょう。

仮に文字単価0.5円で5,000文字の記事を毎日書いたとしても、1ヶ月の収入は7.5万円です。5,000文字書くのに5時間かかるとしたら、時給はたったの500円、、。

Webライターを始めて月20〜50万円稼ぐためにはこなすだけでなく、いかに時給を上げて働けるかを考える必要があるんです。

Webライターを始めて稼ぐための学習法【3つ】

Webライターを始めて稼いでいくには、WebライティングやSEOについて学習する必要があります。

Webライターとして稼ぐための学習法

  1. Webライティングの本を読む
  2. Webサイト・ブログを読む
  3. Webライティング教材を買う

1つずつ見ていきましょう。

学習法1:Webライティングの本を読む

Webライティングの基礎学習には、良質な本を数冊読めばOKです。

おすすめの3冊を紹介します。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章力という武器を手に入れておくことは、将来に対する最大級の投資になる。

”書く技術”は若いうちに身につけるべきとして、伝わる文章術をまとめられています。

文章の基礎を学ぶにはうってつけの本ですね。

沈黙のWebライティング

Webライターとして稼ぐには、Webライティングの技術が必要です。

この本ではWebで成果を上げるための、SEOに強いライティングのノウハウが学べます。

漫画形式で読みやすいうえに、コンテンツごとに特別解説があってとても有益です。

沈黙のWebマーケティング

SEOやWebマーケティングの全体像をつかみたいならコチラ。

『沈黙のWebライティング』は、この『沈黙のWebマーケティング』の続編です。

学習法2:Webサイト・ブログを読む

SEO、Webライティングについて発信している企業サイトやブログを読むのも参考になります。

参考になるWebサイト・ブログ

  • バズ部
  • プロモニスタ
  • ゴウ・ライティング
  • ハイパーメモメモ

読んで分かりやすいと思ったWebサイト・ブログはいつでも見れるように、ブックマークしておくと良いでしょう。

学習法3:Webライティング教材を買う

本腰を入れて学びたいなら、有料教材を買って勉強するのが近道です。

Webライティングの教材を買うときは教材の内容はもちろん、添削サービスがあるかどうかもチェックしましょう。

Webライターを始めてスキルアップする1番の近道は、レベルの高いWebライターの指導を受けることです。

実際に僕も購入したオンライン講座『Writing Hacks』は自信をもっておすすめできます。

Writing Hacksの強み

  • 講師は実力派Webライター
  • 約80本の動画教材
  • 合計3回の添削サービス
  • LINEで無制限の質問サポート
  • 卒業生限定グループで仕事の共有

Webライターとしての実績はもちろん、30人以上を活躍するWebライターに育成したノウハウをたっぷり詰め込んだ内容となっています。

活躍する・稼げるWebライターになるには、必要な自己投資かなと思います。

Writing Hacksの公式サイトはこちら

Webライターを始めて稼ぐための5つのコツ

Webライターとして稼いでいくのは簡単ではありません。始めて3ヶ月〜半年ほど経ったら、稼ぐためのコツを意識するのが大切です。

ここでは稼ぎ続ける3つのコツと、大きく稼ぐコツ2つを紹介します。

Webライターとして稼ぎ続けるコツ

  1. 継続案件を獲得する
  2. ポートフォリオを作成する
  3. SNS・ブログを運営する

Webライターとして大きく稼ぐコツ

  1. 高単価案件に応募する
  2. 単価交渉をする

それぞれ見ていきましょう。

稼ぎ続けるコツ1:継続案件を獲得する

単発案件を数こなしても、次につながりづらいです。

Webライターとして安定的に稼いでいくには、単発案件ではなく、継続案件を獲得することが重要になります。

10〜20のクライアントと浅くやりとりするなら、1〜5のクライアントと濃くやりとりする方が良いです。

1つのクライアントに記事を書き続ければ単価アップの可能性も高くなります。

稼ぎ続けるコツ2:ポートフォリオを作成する

高単価の新規案件を獲得するには、あなたの実績をアピールするツールが必要になります。役に立つのが、ポートフォリオです。

ポートフォリオにはあなたの得意分野や、これまで書いてきた記事などを載せます。

※記事を載せるときはクライアントに許可を必ず取りましょう。

ブログを運営しているなら、ブログをポートフォリオにするのもありです。

稼ぎ続けるコツ3:SNS・ブログを運営する

Webライターとして稼ぐなら、慣れてきたら直接仕事を取れるとGood◎

おすすめはSNSでWebライターとして発信しつつ、ブログを運営することです。人とつながりやすいTwitterが良いでしょう。

特にブログ運営は、副業・フリーランスでWebライターとして長くやっていくには必須とも言えます。

ブログ記事のクオリティーが高かったり、ブログ記事がSEOで上位だったりすると、高評価につながりやすいです。

さらにブログで収入が発生するようになったら、まさしく一石二鳥ですよね。

大きく稼ぐコツ1:高単価案件に応募する

慣れてきたら高単価案件に応募しましょう。段階ごとの文字単価のイメージは下記の表の通りです。

Webライター歴 想定文字単価
〜半年 1.0円以下
半年〜1年 1.0円〜1.5円
1年〜2年 1.5円〜2.0円
2年〜 2.0円

Webライターを始めたうちは、低単価案件で実績を作るのもありですが、実績ができたら臆せずに高単価案件にチャレンジしましょう。

大きく稼ぐコツ2:単価交渉をする

クライアントとの付き合いが長くなったら、単価交渉をしてみましょう。と言っても、クライアントに貢献できていることを示す必要があります。

例えば、契約時よりWebライティングスキルが向上したり、50記事作成して売り上げに貢献できるようになったりしたら交渉時です。

Webライターの始め方|まとめ

Webライターは始めやすい副業ですが、その分レベルの高いWebライターはまだまだ不足しています。

安定的に稼げるWebライターになるには、学習するしかありません。

独学もアリですが、最短最速で圧倒的にスキルを身につけたいのなら、『Writing Hacks』で勉強するのがおすすめです!

稼ぐWebライターに必要な知識やスキルを体系的に学べますよ。

ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

Writing Hacksの強み

  • 講師は実力派Webライター
  • 約80本の動画教材
  • 合計3回の添削サービス
  • LINEで無制限の質問サポート
  • 卒業生限定グループで仕事の共有

Writing Hacksの公式サイトはこちら