Webライターの将来性を高めるには?やるべきこと5つを解説

本記事が解決できる悩み

  • Webライターに将来性はある?
  • 将来性がないって言われる理由は?
  • Webライターが将来性を高めるコツは?

新しいことに挑戦するって、すごく勇気がいりますよね。

Webライターは参入ハードルが低く、人気の副業です。時間や場所に縛られずに働けるのも魅力的でしょう。

とても将来性のある仕事であると、僕は強く考えています。

しかし、いつまでも低スキルのままのWebライターに、未来はありません。

どうせなるなら、高スキルで将来性がある、価値の高いWebライターになりたいですよね。

本記事では、Webライターの将来性から需要あるWebライターになるためのコツまでを解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

Webライターの将来性が明るい5つの理由

なぜ僕がWebライターに将来性があると言えるのか。

Webライターの将来性が明るいと考える理由を5つ解説します。

Webライターの将来性が明るい理由

  1. Web広告の需要は今後も伸びていくから
  2. 文章コンテンツが無くなることはないから
  3. Webライターのスキルは汎用性が高いから
  4. スキルの高いWebライターはまだ少ないから
  5. フルリモートでも対応できるから

1つずつ見ていきましょう。

理由1:Web広告の需要は今後も伸びていくから

Web広告は2019年に日本の広告費の中でテレビを越え、いまも右肩上がりです。

細かいターゲティングができて、効果検証も可能とメリットが多く、今後もWeb広告は伸びていくでしょう。

Webライターの仕事は、クライアントが運営するメディアの記事を書くことがメインになります。

クライアントがメディア運営する理由

  • ブランディング
  • 商品・サービスの認知度アップ
  • ファン・リピーターの獲得
  • SEO集客による広告費の削減
  • コンテンツの資産化 など

メディア運営の理由はさまざまですが、Web広告としての需要が中心となっています。

Web広告が伸び続ける限り、Webライターの需要がなくなることは考えにくいですね。

理由2:文章コンテンツが無くなることはないから

最近ではYouTubeをはじめとする動画コンテンツや、音声メディアが流行っています。

Webライターになりたい人

これからは動画の時代って言われているけど、Webライターになって大丈夫なのかな。

結論として、問題ありません。文章コンテンツが無くなることはないからです。

たとえば「SEOって何?」って調べたときに、検索結果がぜんぶ動画や音声だったら嫌じゃないですか?

僕だったら嫌です。笑

それに、文章には文章のメリットがあります。

文章のメリット

  • 正確に伝えやすい
  • 必要な情報を見つけやすい
  • 自分のペースで情報を受け止められる

文章コンテンツがすべて動画や音声に切り替わることはありえないでしょう。

理由3:Webライターのスキルは汎用性が高いから

Webライターはただ文章を書くのが仕事ではありません。

簡単に言えば、情報や市場のニーズをリサーチし、ユーザーに伝わるように記事化すること。

商品・サービスについての記事なら購買行動を促すような表現が必要ですし、SEOを意識したライティングも重要です。

ライティングスキルのみならず、マーケティングや文章での営業スキルなど、Webライターに求められるスキルは多く、汎用性が高いのです。

もし、Webライターの仕事がなくなる日がきたとしても、身についたスキルは他に活かしていけます。

理由4:スキルの高いWebライターはまだ少ないから

Webライターは参入ハードルが低く、スキルや知識がないままなんとなくでやっている人も多いです。

記事を発注する立場になれば分かりますが、誤字脱字が多かったり、支離滅裂な文章を書いていたりすることも。

だからこそスキルの高いWebライターになれば、クライアントからの評価も上がり、また発注したいと思ってもらえます。

「今さらWebライターになっても遅い」そんな声もありますが、チャンスはまだまだあるので気にする必要はないでしょう。

理由5:フルリモートでも対応できるから

昨今の社会情勢もあり、リモートワークが急速に進みました。これによって働き方に対する考え方・価値観も変わってきていますよね。

Webライターの仕事はフルリモートでも対応可能なため、時間や場所に縛られずに働くことができます。

転勤で家族と離ればなれになる必要も、仕事のためにわざわざ上京する必要もありません。

時間もそうですけど、場所に縛られないってすごく魅力的じゃないですか?

Webライターに将来性がないと言われる3つの理由

ではなぜ、Webライターに将来性がないと言われるのでしょうか。

理由は下記の3つです。

Webライターに将来性が無いと言われる理由

  1. AIに奪われる仕事と考えられているから
  2. 低単価案件で消耗する人が多いから
  3. 誰でもできると思われているから

1つずつ見ていきましょう。

理由1:AIに奪われる仕事と考えられているから

Webライターの仕事はAIに奪われるんじゃないか、という声もあります。

Webライターになりたい人

文章を書くだけならAIにもできそう。技術が進歩したらそのうちAIに仕事が奪われちゃうんじゃないかな。

現状のAI技術では難しいでしょう。さらに言うと、感情に訴えかけるライティングがAIにできるようになるとは思えません。

仮にできたとしても、AIの導入コストの方が圧倒的に高いですし、最後には必ず人の目でチェックする必要があります。

Webライターの仕事は単純作業ではありませんから、AIに仕事が奪われる心配は少ないでしょう。

理由2:低単価案件で消耗する人が多いから

Webライターは、まずクラウドソーシングで案件をとるのが一般的です。

クラウドソーシングには文字単価0.1円〜0.5円ほどの低単価案件がゴロゴロあります。

仮に文字単価0.1円なら5,000文字書いたとしても500円にしかなりません。

はじめは実績作りとして0.5円前後の低単価案件に応募するのもアリですが、慣れたら徐々に単価の高い案件に挑戦しましょう。

そのためにもスキルの高いWebライターを目指すことが大切なのです。

理由3:誰でもできると思われているから

「文章を書くだけなら誰にでもできるんじゃないか」と考えている人がいます。

繰り返しになりますが、Webライターは単純作業ではなく、複合的なスキルが求められる仕事です。

スタートするのは簡単でも、稼げるWebライターになるには努力が必要不可欠ですよ。

Webライターが将来性を高めるために意識すべきこと

Webライターは将来性の明るい仕事であることをここまで説明してきました。

しかし、何も考えずにこなすだけでは将来性はありません。

Webライターが意識すべき2つのこと

  1. スキルを磨き続ける
  2. 収入を1本化しない

ここを理解することが、将来性の明るいWebライターになるためのポイントです。

1つずつ見ていきましょう。

その1:スキルを磨き続ける

クライアントが求めているのは、AIでも書けるような文章ではありません。

副業解禁もあって参入者が多く、低スキルWebライターにはいくらでも代わりがいるので競争倍率も高いです。

低スキルWebライターは文字単価の案件しか取れず、消耗してしまいます。長期的に稼いでいきたいのなら、スキルの高いWebライターになりましょう。

その2:収入を1本化しない

将来性が明るいとはいえ、収入を1本化してしまうのは危険かなと思います。

クライアント1つに専念せずに、複数のクライアントに案件を分散させておきましょう。

いつクライアントの都合で案件が終了するか分かりませんからね。仕事としてもWebライター専業ではなく、兼業をおすすめします。

本業×副業WebライターやWebライター×ブロガー、Webライター×Webディレクターなど、収入の柱を複数持つと良いでしょう。

Webライターが将来性を高めるためにやるべきこと5つ

Webライターとしての将来性を高めるには、スキルを上げることと、収入を1本化しないことが重要です。

Webライターの将来性を高めるコツ

  1. 特定分野の専門性を上げる
  2. SEO・Webライティングについて学ぶ
  3. 質の高いフィードバックを受ける
  4. スキルを活かしてブログで稼ぐ
  5. SNSで発信する

これらのうちのどれか、ではなく、すべて実践するのがベストです。

Webライターに限らずですが、これからの時代はスキルを高めることはもちろん、1つの柱に頼り切らないことが大切になります。

1つずつ見ていきましょう。

コツ1:特定分野の専門性を上げる

幅広い分野に手を出すより、特定分野の専門性を上げていくほうが賢明です。

専門性の高い記事を書けるWebライターは貴重なので、クライアントから重宝されます。それが高単価案件への近道です。

たとえば本業や前職が不動産関係なら不動産の記事、人材関係なら就職・転職の記事を書くようにするといったように。

あなたの得意な分野で戦いましょう。

コツ2:SEO・Webライティングについて学ぶ

Webライターになるなら、SEOやWebライティングについてはしっかりと勉強しておくべきです。

SEO・Webライティングの勉強法

  1. Webライティングに関する本を読む
  2. 参考になるWebサイト・ブログを読む
  3. Webライティング教材を買って勉強する

それぞれおすすめを簡単にまとめておきます。

おすすめの本

  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 沈黙のWebライティング
  • 沈黙のWebマーケティング

おすすめのWebサイト・ブログ

  • バズ部
  • プロモニスタ
  • ゴウ・ライティング
  • ハイパーメモメモ

おすすめのWebライティング教材

コツ3:質の高いフィードバックを受ける

スキルの高いWebライターになる1番の近道は、質の高いフィードバックを受けることです。これは断言できます。

Webライティングについて勉強するのは簡単ですけど、実際にあなたの書いた記事の質が良いか悪いかなんて分かりませんよね。

ブログ運営も効果的ですが、結果が出るのに3ヶ月はかかるうえ、ブログ運営に時間を多く割く必要があります。

いち早く成長するには、スキルの高いWebライターからフィードバックを受けるのが最も効果的ですよ。

実際に僕も購入した『Writing Hacks』なら質の高いフィードバックを受けられます。

Writing Hacksの強み

  • 講師は実力派Webライター
  • 約80本の動画教材
  • 合計3回の添削サービス
  • LINEで無制限の質問サポート
  • 卒業生限定グループで仕事の共有

Webライターとしての実績はもちろん、30人以上を活躍するWebライターに育成したノウハウをたっぷり詰め込んだ内容となっています。

Writing Hacksの公式サイトはこちら

コツ4:スキルを活かしてブログで稼ぐ

Webライターのスキルは、ブログとの相性がめちゃくちゃ良いです。

ブログの記事が上位表示されれば実績としてアピールしやすいですし、ブログ収益を上げれば副収入にもなります。

中には、月に10万・50万・100万と収益化している人もいるくらいです。

全Webライターが今すぐブログを始めるべきですね。

コツ5:SNSで発信する

これからは「個」の時代と言われています。

Webライターに限らず、個人で稼いでいくにはSNS運用が必須になるでしょう。

個人と個人がつながりやすいTwitterが始めやすいと思います。直接仕事をとることを目標に運用すると良いでしょう。

Webライターの将来性を高めるには?|まとめ

スキルの高いWebライターの将来性は明るいですが、低スキルのままでは消耗していくばかりです。

最速で圧倒的なスキルを身につけたいなら、『Writing Hacks』で勉強するのが1番おすすめです!

将来性のあるWebライターになるために必要なものがすべて詰まっていますよ。本当に。

ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

Writing Hacksの強み

  • 講師は実力派Webライター
  • 約80本の動画教材
  • 合計3回の添削サービス
  • LINEで無制限の質問サポート
  • 卒業生限定グループで仕事の共有

Writing Hacksの公式サイトはこちら